ENGLISH

APOSHO35 アジア太平洋安全衛生大会
(厚生労働省補助対象事業)

開催期間・参加方法

令和 3 年 10 月 27 日(水)~ 28 日(木)
(オンライン参加・視聴無料)(要事前登録
(APOSHO加盟会員はオンライン又は現地(東京)参加を予定)

APOSHO35 リーフレットはこちら

開催方法

オンライン参加もしくは第 80 回全国産業安全衛生大会(東京)の会場である東京国際フォーラム内の APOSHO35 サテライト会場(ホール D1)におけるライブ中継の視聴。また、開催後、1 か月間のオンデマンド配信の視聴。

サテライト会場案内(東京国際フォーラム)

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内 3 丁目 5 番 1 号
代表電話:03-5221-9000

大会テーマ

「全ての人のための持続可能な開発に向けた安全衛生を考える。」を本大会のテーマとし、安全衛生に関する情報発信・共同学習・意見交換等を行い、相互理解やネットワーク構築を図り、アジア地域及び参加各国、企業の労働安全衛生水準の向上を目指します。

併 催

第 80 回全国産業安全衛生大会(東京)
及び
緑十字展 2021(令和 3 年 10 月 27 日(水)~ 29 日(金))

サテライト会場へのアクセス

APOSHO 事務局長挨拶

バーニー・ドイル

APOSHO 事務局長

バーニー・ドイル

オーストラリア全国安全評議会会長兼委員長
(NSCA: National Safety Council of Australia Foundation)

 2021 年の第 35 回アジア太平洋労働安全衛生機構年次総会(APOSHO35)が日本を事務局として 10 月に開催されます。歴史ある全国産業安全衛生大会と緑十字展との同時開催により、オンラインでありながらもその熱意や盛り上がりを身近に感じながら APOSHO35 を開催できることに、これまでにない魅力と期待を感じています。日本の多くの皆様にこの APOSHO35 に参加していただき、アジア太平洋地域及び日本の労働安全衛生活動の向上と労働災害の防止・削減に大きく資してまいりたいと思います。

主催国(議長)挨拶

竹越 徹

中央労働災害防止協会 理事長

竹越 徹

 本大会では、アジア太平洋地域の主要各国に一部の欧米諸国を加えた 21 ヵ国・地域の加盟 39 団体の参加のもと、新型コロナウィルス感染防止対策としてオンラインで、2 日間にわたって基調講演や技術発表等が行われます。そして、これらを通して、参加国・地域における労働安全衛生分野における情報交流と同地域の労働災害の撲滅を目指します。
 また、その意義を一段と高めるとともに、第 80 回を迎える「全国産業安全衛生大会(東京大会)」及び「緑十字展」」(共にハイブリッド開催)と同時に開催されます。日本の労働安全衛生や災害防止に携わる行政・学会・関連団体のみならず、アジア太平洋地域で事業を展開されている産業界・企業の参加により、アジア太平洋地域及び日本の労働災害の防止に大きく貢献することが期待されます。多くの皆様のご参加をよろしくお願いします。